開運橋消化器内科クリニック

開運橋消化器内科クリニック(消化器内科・内視鏡内科・内科・代謝内科)

〒020-0022 岩手県盛岡市大通3丁目9-3
菱和開運メディカルビル2F
TEL 019-613-3336
Doctorbook
鼻から.jp
ピロリ菌のお話.jp
呑酸
おなかの健康ドットコム
IBSネット
便秘なんでもネット

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

活動報告

2014年

・11月30日
日本消化器内視鏡学会東北支部セミナー(盛岡市),ランチョンセミナーにおいて“安全かつ確実なESDのために”を講演しました。
・11月25日
Diabetes Bridging Expert Seminarにおいて特別講演の座長を務めました.講演は金子能人先生より“血糖高値?診断から治療まで”を拝聴しました.当院看護師3名も参加し,糖尿病に対する理解を深めました。
・11月22日 
日本消化器内視鏡学会雑誌,vol.56, No.11. に院長の執筆した“十二指腸腫瘍の診断と治療”が掲載されました。
・11月13日
実地医家向け大腸カプセル内視鏡セミナーにおいて野田芳範先生から“クリニックで行う大腸CTの現状と展望”を石原慎一先生から“地方開業医におけるカプセル内視鏡の導入と現状”を拝聴しました。特別講演の座長を院長が務め、当院看護師3名も参加・拝聴しました。
・11月2日
岩手消化器内視鏡技師研究会が開催され当院看護師3名が参加しました。
・10月24日
院長の指導論文“Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer: A single-center retrospective study.”が本年度の日本消化器内視鏡学会賞を受賞しました。
・10月22日
武田看護師が盛岡市立病院にて内視鏡介助の見学・指導をいただきました。
・10月15日
胃と腸、第49巻、第11号。胃癌ESD適応拡大病変の経過と予後に院長の執筆した“胃癌ESD適応外病変の経過と予後”が掲載されました。また同日開催された早期胃癌研究会においても同論文のサマリーが紹介されました。
・10月12日
第28回日本臨床内科医学会、会員発表において“当院におけるヘリコバクターピロリ除菌療法の現状”を発表しました。
・10月12日
第28回日本臨床内科医学会、会員発表:消化器疾患の座長を務めました。
・10月11日
第19回岩手消化器治療内視鏡研究会に参加し、クロージングリマークスを務めました。
・10月4日
第3回SAPPORO ESD / EMR TECHNICAL FORUM(札幌市)にてゲストコメンテーターを務めました。
特別講演は北里大学・田辺聡教授から“上部消化管癌ESDの偶発症”と慶応義塾大学・前畑忠輝先生から“消化管内視鏡治療における新展開”を拝聴しました。
・9月25日
実地医家ミンクリアセミナーにおいて総合司会を務めました。特別講演は三豊総合病院の今川敦先生より“消化器内視鏡におけるミンクリア”の有用性についてでした。
(写真は当院スタッフと今川敦先生)
・9月22日
福島市にお招きいただきNext Generation Forumにて”消化器内視鏡と病診連携”を講演しました。
・9月3日
消化器内視鏡セミナー in 釜石にお招きいただき“十二指腸腫瘍の診断と治療”を講演しました。
・8月29日
岩手IBDエキスパートナース育成講演会にて特別講演、岩手医科大学・松本主之教授のご講演“IBD治療の最前線”の司会を院長が務めました。当院看護師も参加・拝聴しました。
・7月23日
第23回岩手県北・八戸消化器懇話会にお招きいただき”十二指腸腫瘍の診断と治療”を講演しました。
・6月21日
第150回おおどおり健康教室にて”ピロリ菌と胃がんのお話”を講演しました。
・6月13日
第3回中部消化器内視鏡研究会にお招きいただき”十二指腸腫瘍の内視鏡診断と治療”を講演しました。
・6月7日
ESD Hands on seminar in Kobe 2014にて指導医を務めました。

・6月6日
ESD Forum in Kobe 2014にてコメンテーターを務めました。
・5月31日
第25回東北消化管臨床病理研究会に参加しました。7題の症例検討の後に特別講演“小腸の内視鏡診断”を岩手医科大学内科学講座消化器内科消化管分野の松本主之教授より拝聴しました。
・5月27日
盛岡腸を語る会においてクロージングリマークスを務めました。特別講演は秋田赤十字病院の山野泰穂先生でした。
・5月16日
第87回日本消化器内視鏡学会総会(福岡市)にて一般演題の座長を務めました。
・4月19日
第14回GISS(郡山市)にお招きいただき(十二指腸腺腫・粘膜内癌の内視鏡診断)を講演しました。
・4月5日
GI-Forumにて総合討論の司会を務めました。ディスカッサーは岩手医大内科学講座消化器内科消化管分野の松本主之教授、同病理診断科の菅井有教授、 北里大学・田辺聡教授、神戸大学・森田圭紀講師、仙台オープン病院・平澤大部長で行われました。
・3月21日
第86回日本胃癌学会(横浜市)に参加し、早期胃癌に対するESD非治癒切除例の長期成績を共同演者として発表しました。
・3月5日
小樽消化器懇話会にお招きいただき(Short type DBEを用いた内視鏡診断と治療)を講演しました。
・2月15日
第10回日本消化管学会(福島市)にて一般演題の座長とランチョンセミナーの司会を務めました。
http://fms.fujifilm.co.jp/event/2014/10jga/pdf/fms_10jga_ls9.pdf
http://www.keiso-comm.com/10jga/pdf/program/157.pdf
・2月1日
仙台市で仙台EMR/ESDハンズオンセミナーが開催されました。講師は仙台オープン病院・平澤大先生、日本海総合病院・本間清明先生、仙台厚生病院・松田知己先生と開運橋消化器内科クリニック・遠藤昌樹が務めました。受講者は東北全県から集まり、その熱意に講師陣も感激しました。
・1月30日
盛岡市で炎症性腸疾患講演会が開催され院長がオープニングリマークスを務めました。特別講演は岩手医科大学消化管内科の松本主之先生より(潰瘍性大腸炎の診断と治療)を拝聴しました。
・1月25日
Digestive Disease Meetingの講演のため金沢市にお招きいただきました。(十二指腸腫瘍に対する内視鏡診断と治療)を講演させていただきました。
・1月24日
第388回岩手胃腸研究会に参加しました。特別講演は九州大学の江崎幹宏先生から(小腸粘膜障害診断におけるカプセル内視鏡の有用性)、福岡大学筑紫病院の平井郁仁先生は(小腸内視鏡を用いた小腸疾患の診断と治療)でした。両先生とも以前より御世話になっています。特に江崎先生は医学部の卒業年度も同じで親しくさせていただいております。

 


 


過去の活動報告

2013年の活動報告はこちら>>>